地盤調査・耐震診断・地盤補強工事・特殊工事・沈下修正のジオ・プラス
geoplustop3


contens0

zibantyousa0

taisinsindan0

tokusyukiso0

kaokusyuusei0

hosyousisutemu0

kaisyagaiyou0

otoisese0

toppage1


tokusyukisotop1

ten1ジオ・プラスでは様々な特殊工法に対応しており、現場の状況に応じた最適な基礎造りを行っています。

鋼管杭

 

urutorapairu0
「ウルトラパイル工法の特徴」

独自の打ち止め管理方式により施工機械・施工者によるバラつきがなく、増大な支持力が得られる精度の高い基礎杭技術です。鋼管(φ76.3mm~φ457.2mm)の先端部分に半円形の拡翼および六角形の鉛直掘削刃を取り付けた回転貫入鋼管杭の認定工法です。

 

 

gaiapairu0
「ガイアパイル工法の特徴」

貫入能力・建て込み精度・杭芯ズレの極小性、また拡翼変形がなく施工精度の高い基礎杭技術です。 細径鋼管(φ76.3mm~φ267.4mm)の先端に半円形の拡翼2枚と三角形の堀削刃を取り付けた回転貫入鋼管杭の認定工法です。

 

 

image013.JPG

「テコットパイル工法の特徴」

「低コスト」・「施工管理」・「高品質」、杭基礎施工のすべてのニーズを満たす、次世代鋼管杭。切り欠きを施した鋼管に2枚の半円形鋼板の羽根と掘削刃を鋼管に溶接接合したものを、回転させることによって地盤中に貫入させ、これを杭として利用する技術です。

 

 

micropairu0

「小口径鋼管杭工法の特徴」

杭材に小口径(φ114.3mm~φ267.4mm)の一般構造用炭素鋼管(STK400 JISG3444)を用いて主に回転により所定の支持層まで圧入する工法で、地盤条件に応じた杭径・杭長・肉厚の選択が可能であるので経済的、かつ養生期間を必要としないので工期の短縮が可能です。 

 

 

セメント系

 

ウルトラコラム.JPG

「ウルトラコラム工法の特徴」

セメント系固化材スラリーを用いる機械撹拌式深層混合処理工法で 独自形状の十字型共回り防止翼を有する掘削ヘッドを採用し、粘性土地盤での撹拌不良を低減。また、施工直後に比抵抗を測定し撹拌状況を確認する事で、高品質のコラムを築造できます。

 

 

soirusemento.bmp

「三層構造 ソイルセメントコラム工法 (efコラム) の特徴」

“ef”はecology(環境保護),economy(経済的),evolution(進化),epoch(新時代),の頭文字“e”とfuture(未来)の頭文字“f”を組み合わせた造語です。

コラムの中心に芯材鋼管を採用し、その外周に圧縮強度の高い固化材ミルク層を設け優れた支持力を実現し、芯材の腐食を防ぎます。撤去時には容易で確実となり、コストも環境負荷も低減できる、画期的な工法です。

 

 

その他

ziokurosu0.JPG「ジオクロス工法・GRRシート工法の特徴」

工数が少なく、かつ全て目視で確認できる工程であるため、施工管理が確実にできるとともに施工時間を短縮でき、経済性にも優れている。狭い場所やアプローチに段差のある敷地・文化財埋蔵地での施工が可能。

 

 

dhj08.JPG

DHJ-25
gt-1300s.JPG


geoplusdenwa

トップページ地盤調査・耐震診断地盤補強工事特殊工事沈下修正保証システム会社概要採用情報各種お問合せ

有限会社ジオ・プラス Copyright (C) 2008 Geoplus Corporation. All Rights Reserved.